Black pencils with white erasers

アクティブ・ラーニングを取り入れると授業がどう変わる?

アクティブ・ラーニングを取り入れることで、授業がどのように変わるといわれているのかをまとめましたので、ご紹介します。

生徒たちに対する効果

■人間関係の向上

人間関係が普通に保たれます。子供たち同士の揉めことやいざこざが少なくなる傾向にあるようです。コミュニケーションが子供たちで取れるようになってくるので、自分に言いたいことを伝え、相手の意見を聞くという耳が養われることにつながります。もちろん、相性が悪いということも中にはありますが、自分たちで問題を解決しようとする能力も高まっている分、これまで以上の人間関係の改善が期待できます。

■不登校の改善

コミュニケーション能力が高まってくると、自然と人間関係も連動して良くなる傾向にあります。それぞれが声を掛け合うことで、互いを気にします。不登校の子どもは、一人ぼっちの傾向が高いです。一人にならない付き合い方が出来てくると、結果として、不登校がなくなる傾向にあるようです。

■成績の向上

成績が上がらない子の特徴として、恥ずかしくて聞けない。そして、分からないままにして、授業が進み、結果どんどん分からないことが増えていき、勉強するのが面倒くさくなる傾向にあるようです。わからないことを素直に「ここが、わからないから教えて」と聞けること、解決できるまで聞くことで、理解が進み、結果として成績が上がる傾向にあります。

教師に対する効果

■時間と心に余裕が持てる

生徒たちが自発的に問題解決に至ると、教師としては、いい意味で生徒から必要以上に求められたりすることがなくなります。その分、しっかりと生徒たちの行動を観察したり、コミュニケーションを深めたりしていく時間ができてくるのです。
これまで授業の内容をどのように伝えていくかといった、基礎的な部分に時間を割いてきた教師にとって、今まで見えてこなかった生徒たちの様々な一面が見えてきて、教師であることの良さを改めて実感できることにもつながります。

■思いのほか成果を出すのが早い

これらの効果は、実践してみると、意外なほど成果が出るといわれています。まずは1ヶ月とは言いません。2週間続けてみてください。少なからず変化を肌で感じることになるでしょう。まずは実践あるのみです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Black pencils with white erasers
    アクティブ・ラーニングを取り入れることで、授業がどのように変わるといわれているのかをまとめましたので…
  2. light-sky-silo-windows-lillyphotographer
    2016年に答申で明確に打ち出された後は、翌年以降には実施向けて動く流れは変わりません。アクティブラ…
  3. Abstract shelf full of multicolored books
    5月9日の教育新聞で、興味深い記事があったのでご紹介します。文科省は5月9日、中教審初中分科会教…
PAGE TOP