Girl reading old book

アクティブ・ラーニングとは?

アクティブラーニングという言葉は造語であり、新しい言葉です。
平成24年8月28日に発表した「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)中央教育審議会」の中で、アクティブラーニングの導入を明確に記しました。

この中の用語集に、アクティブラーニングの定義が記されていますので、ご紹介します。

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。
【参考】文部科学省

これまで通りの、教師が一方的に授業をして、生徒は静かに座って、先生の話を聞いて授業を受けるスタンス。そして、教師のペースで授業が進んでいき、生徒は黙って聞いている。時に質問をされたことに回答をして、授業を進める。結果、授業に追い付いていけない子がいても、授業は進んでいく。といったスタイルは、もうダメよということです。

一方的なスタイルではなく、教師と生徒の双方向が求められるスタイルに、切り替えていかなければいけなくなったわけです。

ちなみに、2020年の大学入試改革を目標に書かれています。

大学入試が変わると、高校の授業も変化せざるを得ません。また、高校が変われば、小中学校も変わらざるを得なくなり、まさに教育改革の旗振りを文部科学省がし始めたことになるわけですね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Black pencils with white erasers
    アクティブ・ラーニングを取り入れることで、授業がどのように変わるといわれているのかをまとめましたので…
  2. light-sky-silo-windows-lillyphotographer
    2016年に答申で明確に打ち出された後は、翌年以降には実施向けて動く流れは変わりません。アクティブラ…
  3. Abstract shelf full of multicolored books
    5月9日の教育新聞で、興味深い記事があったのでご紹介します。文科省は5月9日、中教審初中分科会教…
PAGE TOP