Red italian coffee maker

EU諸国でのeラーニング事情とは?

1999年にEU諸国では、「eヨーロッパ推進計画」と称して、ヨーロッパ全体にデジタル技術に対するリテラシーを高め、すべてのヨーロッパの人々がデジタル技術を活用できるように、必要なスキルを身につけることを目指すという取り組みがスタートしました。

EU諸国の場合は、政府が率先して教育現場にeラーニングを整備する活動があり、中等・高等教育現場への導入が盛んに行われています。特に、スウェーデンやフィンランドといった北欧の国々の動きが積極的であり、福祉に力を入れていることもあるせいか、学校教育費用のほとんどが公費でまかなわれていることも要因の一つと言えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Black pencils with white erasers
    アクティブ・ラーニングを取り入れることで、授業がどのように変わるといわれているのかをまとめましたので…
  2. light-sky-silo-windows-lillyphotographer
    2016年に答申で明確に打ち出された後は、翌年以降には実施向けて動く流れは変わりません。アクティブラ…
  3. Abstract shelf full of multicolored books
    5月9日の教育新聞で、興味深い記事があったのでご紹介します。文科省は5月9日、中教審初中分科会教…
PAGE TOP